よけ

よけ
ようけ

たくさん

【用例】
おい、それっぱあでやめんと、もっとよけ注いどうせ。
【訳】
おい、それくらいでやめないで、もっとたくさん注いでくれ。

(お酒を注いでもらう時ですね)


投稿者: 濱地 安

言葉は文化です。特に方言は大事なものだと思います。 少しずつ、土佐弁辞書を作り上げていきたいと思います。常に更新中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  +  82  =  91

error: Content is protected !!