しな

行きしな→行く途中 (行きし」とも言う)
帰りしな→帰る途中 (帰りし」とは言わない)
寝しな→寝る直前

「しな」という言葉は、ある点からある点までの途中を表している。
これは関西弁圏でも使われることが多い。

【用例】
あんた、四万十川まで行くがやったら、帰りしなに親戚の家へ寄って、このお酒を置いてきちゃってや。

【訳】
あなた、四万十川まで行くのだったら、帰りに親戚の家に立ち寄り、このお酒を置いてきてあげて。



【用例】
あんた、まだ起きちゅうがやったら、寝しなにお風呂のお湯を抜いちょってや。

【訳】
あなた、まだ起きているのだったら、寝る前にお風呂のお湯を抜いておいてね。

投稿者: 濱地 安

言葉は文化です。特に方言は大事なものだと思います。 少しずつ、土佐弁辞書を作り上げていきたいと思います。常に更新中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2  +  2  =  

error: Content is protected !!